火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓資料室 > 文化財の火の見櫓

文化財の火の見櫓

 近年、明治期以降の日本の近代化を支えた工場などの設備や、機械、鉄道・港湾・発電所などの建造物をはじめとする遺構を、近代化遺産として評価、保存する動きが強まってきた。
 その中で、近代防災体制の一翼を担ってきた火の見櫓もまた、単なる邪魔者として撤去されるのではなく、文化財としてその意義を評価し、末永く保存されるようになってきた。

 この項では、数ある火の見櫓の中でも、国や自治体によって文化財に指定されている櫓や、地域に於いて意義が認められ、残念ながら撤去は免れなかったがその一部が保存されている櫓をご紹介する。

国指定文化財

浅野川大橋詰の火の見櫓 浅野川大橋詰の火の見櫓
 石川県金沢市 [登録有形文化財]
山桜神社の火の見櫓 山桜神社の火の見櫓
 岐阜県高山市 [登録有形文化財]
竹田の火の見櫓 竹田の火の見櫓
 京都府京都市伏見区 [登録有形文化財]
京橋の火の見櫓 京橋の火の見櫓
 岡山県岡山市北区 [登録有形文化財]

都道府県指定文化財

黒石消防団第三分団屯所 黒石消防団第三分団屯所
 青森県黒石市 [青森県重宝]

一部が保存されている櫓

天白公園の火の見 天白公園の火の見
 長野県南木曽町
平山火の見やぐら公園 平山火の見やぐら公園
 静岡県静岡市葵区
Copyright© 2009-2015 HETIMA.NET All Right Reserved.