火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓資料室 > 「火の見」バス停図鑑

「火の見」バス停図鑑

 路線バスは、鉄道の駅や役所、病院といった施設を基点として、道路伝いに各方面へとわずか数軒の集落にまで足を伸ばす。近年急速に路線廃止が進んでいるとはいえ、それでもやはり、人々の生活にきめ細かく入り込んでいる交通機関というのは、路線バスをおいて他には無いだろう。

 そのためか、バス停留所の名称には、旧地名やすでに失われた施設の名称が残されている事例が多く、集落のランドマークともいえる火の見櫓もまた、「火の見下」、「○○火の見」などバス停の名称にその存在を記している例が多く見られる。ここでは、そのような全国各地の「火の見」バス停をご紹介する。

各地の「火の見」バス停

火の見下
群馬県安中市 JRバス関東

旧中山道、碓氷峠を間近に控える坂本宿にあったJRバス関東の停留所。目の前には鋼管柱の火の見櫓が立っていた。訪問・撮影したのは2004年4月だが、その後バス路線は廃止、火の見櫓も撤去され、今では全く面影を感じることができない。

松井田町消防団第三分団第三部のページへ

火の見下
東京都調布市 京王バス・小田急バス

東京都調布市、旧甲州街道沿いにある京王バスと小田急バスの停留所。バス停の前にある公会堂の屋上に、見張台部分だけの櫓がちょこんと載っている。

調布市消防団第三分団のページへ

火の見櫓
神奈川県横浜市緑区 横浜市営バス

火の見櫓にまつわるバス停は各地に見られるが、そのものずばり「火の見櫓」という名前の停留所は珍しいのではないだろうか。この停留所を走る路線の経由地として、バスの行き先表示にも火の見櫓の文字が映る。

緑消防団第二分団第二班器具置場のページへ

火の見下
神奈川県鎌倉市 京急バス・江ノ電バス

鎌倉と藤沢を結ぶ神奈川県道32号沿い、鎌倉市にある京急バスと江ノ電バスの停留所。おそらくかつては近隣に火の見櫓があったものと思われるが、周辺にその痕跡は確認できなかった。京急バスは隣接する逗子市内にも全く同名の停留所が存在する(下記参照)。

火の見下
神奈川県逗子市 京急バス

逗子市と横須賀市を結ぶ神奈川県道24号沿いにある京急バスの停留所。上述の通り隣町の鎌倉にも同名の停留所があるが、担当営業所が異なるため特に影響はないようだ。バス停そばに逗子市消防団第三分団の火の見櫓があることからの名付けと見られる。

逗子市消防団第三分団のページへ

長沢火の見
山梨県富士川町 山梨交通バス

富士川沿いに静岡と山梨とを結ぶ国道52号沿いにある山梨交通のバス停留所。長沢火の見と呼ばれる櫓は、ひときわ背が高く物置を一跨ぎしている。

増穂町消防団第三分団のページへ

火の見櫓
長野県諏訪市 市内循環バス

国道20号の旧道、旧甲州街道筋にある諏訪市内循環バス「かりんちゃんバス」のバス停。傍らの櫓の足元には細久保区の掲示板があり、地区のシンボル・中心地点として機能していることが伺われる。

細久保の火の見のページへ

品野火の見下
愛知県瀬戸市 名鉄バス

愛知県瀬戸市街から多治見方面へ国道248号を進んだところにある名鉄バスの停留所。周囲を見渡しても火の見櫓は見当たらないが、近傍の三叉路角に三角形のコンクリート基礎があり、かつてここに火の見櫓が建てられていたことが分かる。

火の見
岡山県岡山市南区 岡電バス

岡山市南部、県道21号と県道125号の交差する清戸交差点から県道125号を西へ200mほど進んだところにある岡電バスの停留所。周囲を見渡しても、残念ながら火の見櫓の痕跡は見当たらなかった。
市中心街の天満屋を基点として数系統がこのバス停を通るが、うち一系統はこの停留所が終点となるため、一日数本「火の見」行きバスが運行されている。

Copyright© 2014-2017 HETIMA.NET All Right Reserved.