火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓資料室 > 絵葉書の中の火の見櫓

絵葉書の中の火の見櫓

日本の絵葉書は、1900(明治33)年に私製郵便葉書の使用が認められたことに端を発し、日露戦争を題材とした絵葉書がブームとなったことから、広く一般に浸透していった。
絵葉書には美人や産業、名所旧跡など様々な題材が選ばれ、あるときは町の風景の一部として、またある時は絵葉書の主役として、火の見櫓も取り上げらている。

ここでは、管理人が収集した火の見櫓が登場する絵葉書をご紹介する。

絵葉書一覧

秋田市 大町通り (秋田旭秋倶楽部發行)
「秋田市 大町通り (秋田旭秋倶楽部發行)」と記されている。
煉瓦造の洋風建築の対面に櫓が見える。望楼には壁面があり、半鐘は軒下に吊るされている。
放水ノ實況 (今福消防署)
「放水ノ實況 (今福消防署)」と記されている。
横の庁舎と比較すると5階建相当で、中間に踊り場が三箇所設けられていることから推察すると、高さ20m程度の比較的高層のものと思われる。
新築凾館消防本部全景 THE FIRE-BRIDGE STATION. (小島大盛堂發行)
「新築凾館消防本部全景 THE FIRE-BRIDGE STATION. (小島大盛堂發行)」と記されている。
望楼は壁が設けられており、半鐘は軒下に吊るされている。推定高20m程度で、中間に踊り場が二箇所設けられている。
甲州下部温泉 天狗岩
「甲州下部温泉 天狗岩」と記されている。
川べりの景勝地に立てられた櫓で、現地未訪問のため現在の状況は不明だが、ほぼ同じ位置に形状の異なる櫓が立っているようだ。
鐵骨火の見櫓(市内に数箇所設置し有り)
「鐵骨火の見櫓(市内に数箇所設置し有り)」と記されている。
「市内」とあるが、地名が全く記されていないためどこのものかは不明。望楼は壁面のあるもので、踊り場は一段。さほど高くない櫓と思われる。
(土浦名所) 川口町より本町通りを望む
「(土浦名所) 川口町より本町通りを望む」と記されている。
川べりに細身のシルエットの櫓が立っている。屋根は反りがついており、かなり深め。
謹賀新年 昭和十四年一月元旦
絵葉書とするのが適切か不明だが、鉄工所が年賀状用に火の見櫓の写真を印刷したもののようだ。
基部に半纏をまとった消防団員らしき人々が写っていることから、竣工記念写真と思われる。
古山鐵工所
前項の年賀状の表面。福島県二本松の鉄工所で、「ペント式金庫並 倉庫用防火鐵扉 建築金物及ビ 鐵骨火の見櫓 鐵骨類一式製作」と記されている。
Copyright© 2013-2014 HETIMA.NET All Right Reserved.