火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 山梨 > 身延町 > 角打の火の見

角打の火の見

火の見櫓

屋根 なし
半鐘 あり
見張台 なし
柱型

JR東海 身延線身延駅の南方450mほど、北沢踏切の南東側に建つ半鐘台。半鐘には小屋根が掛けられている。脚は三本の等辺山形鋼製の主材にワーレントラス状の斜材が入れられた鋼柱を用いており、それとは別に梯子が外付けで設けられている。
半鐘には木槌が添えられ、上部で打鐘するために簡易な足場が取り付けられている。
足下には消防信号表が掲示されている他、JR東海 身延線の用地内に所在するためか東海旅客鉄道株式会社の「固定資産貸付票」が掲示されている。

(2021年11月訪問)

全景 半鐘 木槌 脚部 基部 消防信号表 固定資産貸付票

ストリートビュー

Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2022 HETIMA.NET All Right Reserved.