火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 山梨 > 身延町 > 和田の火の見

和田の火の見

火の見櫓

屋根 なし
半鐘 あり
見張台 □型
△型

中部横断自動車道 身延山インターチェンジの西方600mほど、富士川が西へ大きく湾曲する台地の上に建つ櫓。見張台に屋根は無く、小屋根が掛けられた半鐘が設けられている。見張台の高欄は等辺山形鋼製の外枠のみの簡易な物。
脚は三本の主材に斜材をワーレントラス状に組んだ柱型で、道路側に面した辺のみ梯子を兼用するため水平に材が入れられている。
見張台には消防信号表が掲示されている。

(2021年11月訪問)

全景 見張台 屋根 見張台高欄 踊り場

ストリートビュー

目次 | PageTop | Next
Copyright© 2022 HETIMA.NET All Right Reserved.