火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 静岡 > 島田市 > 島田市消防団第十二分団三部2

島田市消防団第十二分団三部2

火の見櫓

屋根 なし
半鐘 あり
見張台 なし
□型

国道473号沿い、大井川鐡道の福用駅と大和田駅の中間あたり、本村地区の中ほどに建つ簡易な櫓。見張台はなく、頂部に小屋根が掛けられた半鐘が吊るされている。
脚は四本で、主材、水平材ともに等辺山形鋼製で、斜材はみられない。道路側の面のみ、等辺山形鋼製の水平材の代わりに丸鋼が密に渡されており、梯子を兼用している。
基礎の部分は斜めに支柱が設けられ、支柱ごとコンクリート基礎に埋設されている。

(2019年12月28日訪問)

全景 半鐘 脚部 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2020 HETIMA.NET All Right Reserved.