火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 静岡 > 川根本町 > 川根本町消防団第八分団八-三

川根本町消防団第八分団八-三

火の見櫓

 静岡県道77号沿い、下泉の集落の高台に位置する櫓。反りのついた四角屋根は小さく半鐘部分のみを覆っている。
見張台は円形で上端欄干が漏斗状に外へ広がっている。梯子の出入り部分のみ凸型に突き出ている。脚はアーチを描かず直線状。
 梯子は一段で桁外設置。主材と水平材は等辺山形鋼、斜材は丸鋼で、斜材は特に張力調整装置は設けられていない。一部の節では水平部分にも斜材が渡されており、そちらは丸鋼をリング状のバックルで締結している。
基部には消防信号表が掲示されている。

(2014年5月訪問)

屋根 □型
半鐘 あり
見張台 ○型
□型

全景 見張台 屋根 見張台高欄 水平部斜材 基礎 消防信号表

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next