火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 静岡 > 川根本町 > 下長尾の火の見

下長尾の火の見

火の見櫓

 下長尾集落の国道362号から一本路地を入った先の茶畑の中に立つ櫓。屋根はむくりのついたクーポルのようなロシア風のデザイン。ランマ部分はアーチ状になっている。
見張台は円形で、半鐘を覆うように消防信号表が掲示されている。梯子は桁に対して並行に設置されており、中間にある踊り場で90度屈曲している。
 桁は主材と水平材が等辺山形鋼、斜材が平鋼の交点リベット留め。各節はプレートでリベット締結されている。

(2014年5月訪問)

屋根 □型
半鐘 あり
見張台 ○型
□型

全景 見張台 屋根 見張台高欄 踊り場 基礎

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next