火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 静岡 > 川根本町 > 川根本町消防団第一分団1-2

川根本町消防団第一分団1-2

火の見櫓

 県道77号終点部、寸又峡温泉バス停の向かいに立つ櫓。深く反りのついた屋根には刀の柄、鍔のような屋根飾りが設けられている。見張台は通りに面した側だけが桁から張り出しており、屋根下には半鐘、梯子の最上部にサイレンが設置されている。
梯子は一段で桁外設置。三面が斜材をくの字状に配し、一面だけ水平材を密に渡しているため、もともとは水平材が梯子を兼ねたスタイルだったものに、後から転落防止柵つきの梯子を別途設置したようにも思われる。
 消防器具庫には、「愛郷火の用心」の標語が書かれた消防信号表あり。

(2013年8月訪問)

屋根 □型
半鐘 あり
見張台 □型
□型

全景 見張台 屋根 見張台高欄 基礎 消防信号表

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next