火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 長野 > 諏訪市 > 後山の火の見

後山の火の見

火の見櫓

屋根 □型
半鐘 あり
見張台 □型
□型

 諏訪市と箕輪町を山を越えて結ぶ県道442号諏訪箕輪線、諏訪市の最奥部ともいえる後山地区の下手、箕輪寄りに建つ櫓。反りのついた四角屋根は、頂部にS字状の装飾をつけた避雷針が設置されていたが、残念ながら折損してしまっている。四隅には蕨手が設けられている。屋根の梁には円弧状の方杖が入れられている。
見張台は隅切りされた四角形で、手摺と下部外縁が等辺山形鋼製、垂直材が丸鋼製。垂直材の間には、円弧と台形を組み合わせたような装飾が施されている。半鐘は屋根裏中心部に吊るされている。見張台自体は主材と円弧状の方杖で支えられている。
脚は四本で、主材と水平材が等辺山形鋼製、斜材が丸鋼をリング状のバックルで締結したもの。各節の接合はプレートにより、主材とはリベットで、水平材とは六角ボルトで、斜材はプレートに穿孔し、斜材の丸鋼を内側から折り込み、六角ナットで締結している。
梯子は二段で、上段は桁内、下段は桁外設置。中間には張り出しの無い踊り場が設けられており、高欄は見張台と同様のデザイン。梯子の出入口部分にはアーチ状の造作がなされている。
基部は梯子のある正面のみΛ型の斜材がもうけられ、主材との間にトラス状の補助材が入れられている。正面向かって右側には消防信号表が掲示されている。

全景 見張台 屋根 見張台高欄 踊り場 基部 消防信号表

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2019 HETIMA.NET All Right Reserved.