火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 岩手 > 奥州市 > 若草の火の見

若草の火の見

火の見櫓

屋根 なし
半鐘 あり
見張台 ○型
△型

 北上川右岸沿いにある水沢競馬場の南側、田圃の中にある作業小屋の傍らに建つ櫓。見張台に屋根はなく、半鐘は逆U字型に設けられた支柱に吊るされている。
 見張台は円形で、高欄は手摺が等辺山形鋼、垂直材が丸鋼、床版が平鋼製で、特に装飾的な要素は見られない。見張台下に二方向へ向けてスピーカーが設置されている。
脚は三本で、主材、水平材が等辺山形鋼製、斜材は丸鋼をリング式張力調整装置で締結したタイプ。各節の接合はプレートにより、シ主材はリベット、水平材は六角ボルト、斜材はプレートを穿孔して外側から折り込み裏側でナットを用いて締結している。
梯子は一段で桁外設置。最下段の節には梯子が設けられていない。基部はハの字形に方杖が設けられており、斜め上方のプレートに向けて補剛が入れられている。

全景 見張台 半鐘 見張台高欄 脚部 基部

ストリートビュー

Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2019 HETIMA.NET All Right Reserved.