火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 秋田 > 小坂町 > 野口コミュニティセンター

野口コミュニティセンター

火の見櫓

屋根 ○型
半鐘 なし
見張台 ○型
△型

 国道282号を濁川地区から小坂川に沿って町道を野口地区方面へ進んだ先、地区中心部のコミュニティセンター敷地内に建つ櫓。
 丸屋根は頂部に先端が四つ叉に分かれた避雷針を載せており、屋根下には半鐘は無くサイレンが設けられている。
見張台は円形で、手摺は等辺山形鋼、水平材は丸鋼を用いている。垂直材は等辺山形鋼と丸鋼を交互に配置している。手摺の一端にはホース昇降用の滑車が設けられ、ホース干し用の竿が手摺に沿ってカーブを描いて設けられている。
脚は三本で、主材、水平材、斜材全てが等辺山形鋼製。各部の結合はプレートへの溶接で、斜材の交点部分も丸板で溶着されている。
梯子は一段で桁外設置。基礎部分は逆T字型とまでは言えないが脚部のみコンクリートが地表面から露出している。

見張台 屋根 見張台欄干 脚部 基部

ストリートビュー


Perv | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2015-2017 HETIMA.NET All Right Reserved.