火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 秋田 > 小坂町 > 川上公民館

川上公民館

火の見櫓

屋根 ○型
半鐘 なし
見張台 ○型
△型

 国道282号沿い、川上公民館の敷地内に建つ櫓。円形の浅い屋根は頂部に四つ叉に分かれた装飾と先端が鏃状にデザインされた避雷針が設けられている。屋根下に半鐘は無く、代わりにサイレンが取り付けられている。
 見張台は円形で、欄干は手摺部分が等辺山形鋼、水平材が丸鋼製で、垂直材は等辺山形鋼と丸鋼を交互に用いてアクセントをつけている。
脚は三本で、主材と水平材は等辺山形鋼、斜材は丸鋼をリング式張力調整装置で締結したもの。各節の結合はプレートにボルト締結しており、斜材はプレートに穴を開け、くの字型に折り曲げた状態で挿し込まれている。
梯子は一段で桁外設置。

全景 見張台 屋根 見張台欄干 脚部 基部

ストリートビュー


Perv | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2015 HETIMA.NET All Right Reserved.