火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 秋田 > 小坂町 > 小坂町消防団第五分団鳥越班

小坂町消防団第五分団鳥越班

火の見櫓

屋根 ○型
半鐘 なし
見張台 ○型
△型

 小坂の市街地から県道2号樹海ラインを発荷峠方面に進み、途中の交差点で町道を東に進みアカシア大橋を渡った先にある鳥越地区の、鳥越コミュニティ消防センターの敷地内に建つ櫓。
屋根はやや浅めの円錐形で、頂部に先端が錐状に造形され、下方に三方へ向けて延びる棒状の装飾の施された避雷針が設けられてい。
見張台は円形で、欄干は手摺部と垂直材が等辺山形鋼製、水平材が丸鋼製。半鐘は屋根直下ではなく、屋根を支える梁に吊るされている。また、ホース干し用の滑車が二箇所に取り付けられている。
脚は三本で、主材、水平材が等辺山形鋼製、斜材は丸鋼をリング式張力調整装置で締結している一般的なタイプ。各節や斜材の接合はリベットやボルトなどは用いられず、プレートに溶接されているが、基部から二節目と三節目の間だけはプレートへのボルト締結となっている。
梯子は一段で桁外設置。基部の斜材は他の節と同様丸鋼とリング式張力調整装置を用いた構造になっている。

見張台 屋根 見張台欄干 脚部 基部

ストリートビュー


Perv | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2017-2018 HETIMA.NET All Right Reserved.