火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 秋田 > 北秋田市 > 北秋田市消防団合川第一分団上杉

北秋田市消防団合川第一分団上杉

火の見櫓

屋根 ○型
半鐘 なし
見張台 ○型
△型

 秋田内陸縦貫鉄道上杉駅の西側、県道3号との間に挟まれたいかにも旧道という風情の市道沿いに建つ櫓。屋根は浅めの円形で、頂部には先端に鏃状の造形がされた避雷針が設けられている。
見張台は円形で半鐘は無く、高欄は手摺、外縁、垂直材ともに等辺山形鋼製で、一部には手摺部に並行するように鋼管製の竿がホース干し用に張り出して取り付けられており、滑車も吊るされている。また、三方に向けて防災無線のスピーカーが設置されており、床にはサイレンが置かれている。
脚は三本で、主材、水平材は等辺山形鋼製、斜材は丸鋼をリング式張力調整装置で締結したタイプで、各部の接合は、主材と水平材がリベットによる締結、斜材がプレートに穿孔し、その孔へ斜材の丸鋼を折り曲げて挿入したものとなっている。主材は直線的に組まれているが、基部は広がり幅が大きく、踊り場床面にあたる節の部分で中折れしたような形状になっている。
梯子は二段で、上段が桁外、下段が桁内設置。中間の踊り場は張り出しておらず、高欄も設けられていないが、梯子の出入り部分にのみ垂直材が設けられている。

全景 見張台 屋根 見張台高欄 踊り場 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2018 HETIMA.NET All Right Reserved.