火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 秋田 > 鹿角市 > 十和田草木丑道ノ下タの火の見

十和田草木丑道ノ下タの火の見

火の見櫓

屋根 ○型
半鐘 あり
見張台 ○型
△型

 大湯温泉街の南方約3km、十和田草木地区の中心部、丁字路の突き当たりに建つ櫓。屋根は浅い円形で、避雷針や装飾的な要素は一切見られない。半鐘は屋根下梁の部分に吊るされている。
見張台は円形で、高欄の部材は手摺と下部外縁が等辺山形鋼を外向きにしたもので、垂直材は丸鋼製。水平材は入れられていない。
脚は三本で、主材、水平材は等辺山形鋼製、斜材は丸鋼製で枠式ターンバックルが設けられている。各節の接合はプレートによるが、一般的にガゼットプレートは主材の外側に設けられるが、この櫓では桁の内側に設けられており、主材とは溶接で、水平材、斜材とは六角ボルトで締結されている。
梯子は一段で桁外設置。基部はΛ型の方杖の下部に水平材が一本渡されたA型になっており、コンクリートの基礎は三角形で地平面からやや持ち上げられている。

全景 見張台 屋根 見張台欄干 脚部 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2018 HETIMA.NET All Right Reserved.