火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 秋田 > 鹿角市 > 鹿角市消防団第二分団第一部

鹿角市消防団第二分団第一部

火の見櫓

屋根 ○型
半鐘 あり
見張台 ○型
△型

 JR東日本 花輪線柴平駅の東側、米代川を渡った先にある高屋地区に建つ櫓。屋根は円錐形だが、何か外的衝撃が加えられたのか歪みが生じ、更に中心からずれてしまっている。屋根下には中心部に半鐘が吊るされている他、三方向へ向けてスピーカーが設置されている。また、梁の上部にはサイレンが設置されている。
見張台は円形で、高欄は手摺部、垂直材ともに丸鋼製。手摺の梯子出入口部分は外側へ方形に張り出している。下部外縁は平鋼製。
脚は三本で、主材、水平材が等辺山形鋼、斜材が丸鋼をリング式張力調整装置で締結したタイプ。最下部から上方へ向けて次第に桁間隔が狭くなって行くが、最上部の一節のみは垂直になっている。各節の接合はプレートにより、主材とは溶接で、水平材とは六角ボルト、斜め材はプレートに穿孔し、材の丸鋼を内側から折り込んで挿入し、外側でナット締結している。なお、水平材を締結する六角ボルトは頭が外側に位置するのが一般的だが、この櫓では頭が内側、ナットが外側を向いている。
梯子は一段で桁外設置。基部は等辺山形鋼製の方杖が設けられており、基礎の結合部分は地中に埋まっている。

全景 見張台 屋根 見張台欄干 脚部 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2018 HETIMA.NET All Right Reserved.