火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 秋田 > 鹿角市 > 鹿角市消防団第二分団第二部

鹿角市消防団第二分団第二部

火の見櫓

屋根 ○型
半鐘 あり
見張台 ○型
△型

 鹿角市中心部の花輪からやや北側、米代川沿いの狐平地区の自治会館敷地内に建つ櫓。屋根は菅笠状の円錐形で、装飾などは見られない。屋根下には四方へ向けてスピーカーが設けられ、更に屋根の梁に半鐘が提げられている。
見張台は円形で、高欄は手摺と下部外縁が等辺山形鋼、垂直材が丸鋼製。脚の部分から支柱が伸び、手摺を支えとしてホース干し用の竿が張り出している。竿には滑車が三個吊るされている。
脚は三本で、主材、水平材が等辺山形鋼製、斜材は丸鋼をX字状に組み、張力調整用の枠式ターンバックルを組み込んだもの。各節の接合はプレートにより、主材とは溶接、水平材とは六角ボルト、斜材は丸鋼端部に平板を溶接したものを六角ボルトで締結している。
梯子は一段で桁外設置。基部は等辺山形鋼をΛ型に組んだ方杖が設けられ、下部水平方向に補剛が入れられたA字型になっている。基礎はコンクリート製で地表面と同じ高さになっている。

全景 見張台 屋根 見張台欄干 脚部 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2018 HETIMA.NET All Right Reserved.