火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 秋田 > 鹿角市 > 湯瀬温泉の火の見

湯瀬温泉の火の見

火の見櫓

屋根 ○型
半鐘 あり
見張台 ○型
□型

 湯瀬温泉街、共同浴場のある湯瀬ふれあいセンターに隣接して建てられている櫓。屋根は円錐形で、頂部には大き目の菱形の装飾が施されている。
見張台は円形で、高欄は手摺部は鋼管、下枠は等辺山形鋼を用いており、主材はΛ型に組まれている。半鐘は屋根中心からややオフセットした位置に吊るされている。
脚は四本で主材、水平材、斜材ともに等辺山形鋼を用いている。斜材は X字状ではなくV字状に組まれている。各部の接合はプレートにより、主材はリ、水平材はベット、斜材はリベットとボルトを併用している。斜材はX字状ではなくV字状に組まれている。
梯子は二段で桁内設置。中間に張り出しのない踊り場が設けられている。基部の方杖はYの字を斜めに倒したような形状になっている。

全景 見張台 屋根 見張台欄干 踊り場 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2017 HETIMA.NET All Right Reserved.