火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 秋田 > 鹿角市 > 鹿角市消防団第十分団第一部2

鹿角市消防団第十分団第一部2

火の見櫓

屋根 □型
半鐘 あり
見張台 □型
□型

 JR花輪線陸中大里駅の南東、大里集落の中心部に建つ櫓。四角錐の屋根の頂部には先端が三叉になった避雷針が設けられている。半鐘は屋根裏中心部ではなく軒下に吊るされている。
見張台は四角形で、高欄は手摺と外枠が等辺山形鋼、外枠以外の垂直材は丸鋼が用いられており、床にはサイレンとスピーカーが設置されている。
脚は四本で、主材、水平材、斜材ともに等辺山形鋼製。斜材はX字型ではなくV字に渡されている。各部の締結はプレートにより、主材はリベット留め、水平材と斜材はボルト締結となってている。
梯子は二段で桁内設置。中間には張り出しの無い踊り場が設置されている。
基部の方杖はアーチ状になっており、主材に向けて斜めに補剛が設けられている。

全景 見張台 屋根 見張台欄干 踊り場 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2017 HETIMA.NET All Right Reserved.