火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 秋田 > 鹿角市 > 鹿角市消防団第五分団第一部

鹿角市消防団第五分団第一部

火の見櫓

屋根 ○型
半鐘 あり
見張台 ○型
△型

 県道66号から米代川右岸を南下した下モ平地区に建つ櫓。屋根は小ぶりな非常に浅い円錐形。頂部になんらかの装飾が施されているかは、屋根がほぼ扁平で円盤といってよい状態のため、近くからでは確認できなかった。半鐘が軒下に吊るされている他、ホース昇降用の滑車が設けられている。
 見張台は円形で、手摺部と下枠が等辺山方鋼、垂直材が丸鋼製。手摺の下には半周分干すためのホースを引っ掛けるフックが設けられている。
脚は三本で、主材、水平材は等辺山形鋼製、斜材は丸鋼製でパイプ式ターンバックルで張力調整をしている。各節の接合はプレートへのボルト留め。
梯子は一段で桁外設置。基部はA字型の方杖が設けられている。

全景 見張台 屋根 見張台欄干 脚部 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2017 HETIMA.NET All Right Reserved.