火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 秋田 > 鹿角市 > 新山の火の見

新山の火の見

火の見櫓

屋根 ○型
半鐘 なし
見張台 ○型
△型

 鹿角市街から県道66号を尾去沢鉱山方面へ向い、途中のY字路から北側の市道へ逸れた先の新堀市営住宅入口の丁字路角に建つ櫓。
屋根は小さく浅い円錐形で、頂部にはリング状の装飾がちょこんと乗っかるように設けられている。見張台は円形で、高欄は手摺と下枠が等辺山方鋼製、垂直材が丸鋼製。半鐘は設けられていない。
 脚は三本で、主材と水平材が等辺山方鋼、斜材が丸鋼を枠式ターンバックルで締結したもの。各節の締結はプレートへのボルト留めとなっている。
基部はΛ型の下端に水平材を補鋼として加えたA型をした方杖となっている。

全景 見張台 屋根 見張台欄干 脚部 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2017 HETIMA.NET All Right Reserved.