火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 愛知 > 設楽町 > 設楽町消防団名倉分団格納庫

設楽町消防団名倉分団格納庫

火の見櫓

屋根 □型
半鐘 なし
見張台 □型
□型

 国道257号沿い、名倉地区の南部にある集会所に隣接する消防団詰所裏手に建つ櫓。屋根は反りのついた四角形だが、屋根板がなく骨格が露出している。頂部には避雷針と風向計を備える。半鐘はみられない。
見張台は屋根同様四角形で、高欄は手摺部・外縁部・垂直材が等辺山形鋼製、水平材と垂直材の補剛が平鋼製。水平材と垂直材補剛の交点部はリング状の装飾が施されている。床面は平鋼を簀状に並べている。
脚は四本で、主材、水平材が等辺山形鋼、斜材が平鋼製で、各部の接合は全てリベットによる。一節おきに水平方向にも四隅に補助材が渡されている。
梯子は一段で桁内設置。基部は梯子出入口部分はアーチ状の補剛が入れられており、その上にはアーチの円弧に合わせ、「設楽町消防団 北部第六分団 昭和三十四年六月吉日竣工」と記された扇形の製造銘板が扁額のように掲げられている。
消防信号表は車庫内に掲示されており、通常はシャッターが下ろされているため見ることができない。

全景 見張台 屋根 見張台欄干 脚部 基部 銘板 消防信号表

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2019 HETIMA.NET All Right Reserved.