火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 愛知 > 設楽町 > 設楽町消防団田口分団格納庫2

設楽町消防団田口分団格納庫2

火の見櫓

屋根 なし
半鐘 あり
見張台 ○型
△型

 設楽町の中心部、設楽町役場の西側の路地沿いに建つ櫓。屋根はなく、頭頂部には二本の柱に支えられた竿からホース昇降用の滑車が吊るされている。見張台は円形で、高欄は手摺部、垂直材、下部外縁ともに等辺山形鋼製で、手摺部から外側へ向けて放射状にホース干し用のフックが設置されている。
脚は三本で桁間がやや狭く、主材、水平材、斜材ともに等辺山形鋼製。斜材はワーレントラスになっている。
梯子は外付け一段で見張台のやや下に四角形の踊り場が張り出しており、そこに半鐘が吊るされている。
基部には消防信号表が二種取り付けられているが、おそらく年代の新しいと思われるものは鉄板に印刷したタイプで全面が錆びて判読不能となっているが、古い琺瑯引きのものは現在でもなおはっきり判読できる。

全景 見張台 踊り場 脚部 基部 消防信号表1 消防信号表2

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2019 HETIMA.NET All Right Reserved.