火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 愛知 > 設楽町 > 赤沢弁財天の火の見

赤沢弁財天の火の見

火の見櫓

屋根 △型
半鐘 あり
見張台 □型
△型

 国道420号沿い、名水として知られる赤沢弁財天霊水の傍らに建つ櫓。屋根は三角錐状で、避雷針と風向計、蕨手が設けられている。桁間隔が狭く全体に細身なため、屋根は半鐘部のみを覆っており見張台は野天になっている。
見張台は桁から片側だけ張り出したような形状をしており、手摺部は等辺山形鋼、欄干は平鋼製で、欄干下部は外側に円弧状に張り出している。大きなアンテナがよく目立つ。
脚は三本で主材と水平材は等辺山形鋼、斜材は平鋼をX字状に組み交差部をボルト締結したタイプ。最下段はΛ型の斜材が設けられている。梯子は桁間が狭いことから桁外に一段で設置されている。

全景 見張台 屋根 見張台欄干 脚部 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2015-2019 HETIMA.NET All Right Reserved.