火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 山梨 > 身延町 > 大河内の火の見

大河内の火の見

火の見櫓

屋根 切妻型
半鐘 あり
見張台 □型
△型

JR東海身延線 身延駅の北方550mほど、大河内地区にある旧身延地区公民館大河内分館の敷地内に建つ櫓。屋根はトタン波板製の切妻型で、半鐘は軒桁中央部分に吊るされている。
見張台は四角形で、高欄は手摺、外縁部(屋根支柱)が等辺山形鋼製、垂直材が丸鋼製。三本脚の上に四角形の見張台が載るというやや特殊な形態。
脚は前述の通り三本で、主材、、水平材、斜材いずれも等辺山形鋼製。斜材はワーレントラスに水平方向へ補剛(水平材)を入れた形態となっている。各部の接合は、主材への六角ボルトによる直接締結。
梯子は一段で桁外設置。訪問時は隣接する公民館建屋の解体作業を行っていた。

(2021年11月訪問)

全景 見張台 屋根 見張台高欄 脚部 基部

ストリートビュー

Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2022 HETIMA.NET All Right Reserved.