火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 山梨 > 身延町 > 下部温泉の火の見2

下部温泉の火の見2

火の見櫓

屋根 なし
半鐘 あり
見張台 なし
梯子型

下部温泉の中心部 神泉橋から南へ180mほど、町道の坂道の途中に建つ火の見梯子。半鐘には切妻型の小屋根が掛けられており、四隅には蕨手がみられる。半鐘には木槌が添えられている。
脚は二本で主材が太い鋼管製、踏ざんが細い鋼管製で、基部には支柱がみられる。見張台はないが、打鐘時に背中を預けられる柵が設置されており、その柵の下側に消防信号表が掲示されている。

(2021年11月訪問)

半鐘 基部 消防信号表

ストリートビュー

Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2022 HETIMA.NET All Right Reserved.