火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 山梨 > 北杜市 > 須玉町消防団増富分団第一部

須玉町消防団増富分団第一部

火の見櫓

屋根 □型
半鐘 あり
見張台 ○型
□型

 県道23号増富ラジウムライン沿い、比志集落の中ほどに立つ櫓。櫓の周囲は最も民家が疎らな場所だが、集落全体を見渡すことができる立地になっている。
 避雷針、風向計、屋根飾りを載せた四角屋根と円形見張台の組み合わせ。見張台に消防信号表が掲示されている。
梯子は三段で、上中段が桁内、下段が桁外設置。上段と中段の間には、張り出しがなく欄干が設けられた踊り場がある。中段と下段の間の踊り場は足場のみの簡易なもの。
基部の斜材は梯子の取り付け面のみアーチ状で、それ以外はハの字型。「甲府市イセ町 TEL三六二九番 中村ポンプ工場 昭和二八年二月建設」の製造銘板が掲示されている。年月については非常に判読がしづらく、漢数字で二八、二と記された上からアラビア数字の28、2を打刻したようにも見える。

全景 見張台 屋根 見張台高欄 踊り場 基部 消防信号表 製造銘板

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2014-2019 HETIMA.NET All Right Reserved.