火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 静岡 > 島田市 > 島田市消防団第十分団三部

島田市消防団第十分団三部

火の見櫓

屋根 □型
半鐘 あり
見張台 □型
□型

大井川鐡道 新金谷駅の北側、旧東海道を渡る最初の踏切脇に建つ消防団詰所の裏手に建つ櫓。新金谷駅の構内に隣接しており、駅のプラットホームからも見ることができる。屋根はやや浅めの四角錐で、避雷針や風向計、蕨手などの装飾は一切見られない。半鐘は屋根鰓中心部に吊るされている。
見張台は四角形で、高欄は手摺、外縁部が等辺山形鋼製、垂直材が平鋼製で、中間部分にはねじりの装飾が入れられている。床版は平鋼を簀の子状に並べたもの。
脚は四本で、主材、水平材、斜材いずれも等辺山形鋼製。下部の接合はプレートを用いており、いずれもリベットにより締結されている。斜材はX字状に組まれており、交点部分もプレート接合が用いられている。
梯子は二段で上下段ともに桁内設置。中間の踊り場は高欄、張り出しがなく桁内の1/3程度の面積の足場のみの簡易なもの。
基部は斜材がΛ型に渡されており、主材との間には斜め上方向へ向けて補剛が入れられている。基礎の部分は恐らくベースプレートに櫓本体を結合していると思われるが、コンクリートに埋設されており正確な構造は不明。

(2019年12月28日訪問)

全景 見張台 屋根 見張台高欄 踊り場(上段) 踊り場(下段) 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2020 HETIMA.NET All Right Reserved.