火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 静岡 > 川根本町 > 三盃の火の見

三盃の火の見

火の見櫓

 大井川鐵道本線 千頭駅の西方1.3kmほど、三盃地区の中ほどに立つ櫓。
屋根はチューリップハットのような形状をした10角形で、頂部は円錐状になっている。屋根は二本の柱に支えられており、屋根裏中心部には半鐘が吊るされている。
見張台は台形で、高欄は手摺と垂直材が鋼管製、水平材が平鋼製、床版がエキスパンドメタル製。脚は一本の柱型で、太めの鋼管が用いられている。
梯子は外付け一段で階段のように傾斜が付けられている。

(2022年3月訪問)

屋根 10角型
半鐘 あり
見張台 □型
柱型

全景 見張台 屋根 見張台高欄 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next