火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 静岡 > 浜松市 > 浜松市消防団浜松第四分団

浜松市消防団浜松第四分団

火の見櫓

 JR東海 東海道本膳浜松駅の西南西1.2kmほど、私立県居小学校の東側にある消防団詰所に立つ櫓。屋根は切妻形で、頂部中心には避雷針と屋根飾りが設けられている。半鐘はなく、屋根裏にはサイレンが設置されている。
見張台は四角形で、手摺が鋼管製、外縁部が角柱、水平材が平鋼、垂直材が丸鋼製で、ひげ飾りをはじめとして非常に繊細な装飾がみられる他、外縁柱の先端は西欧建築のような装飾が施されている。中央部分には、第四分団を表す丸に四の切抜文字があしらわれている。
脚は四本で、主材、水平材が等辺山形鋼製、斜材が平鋼製。各部はプレートによって接合されており、それぞれリベットを用いて締結されている。
梯子は二段で上下段ともに桁内設置。中間には張り出しのある踊り場が設けられている。
基部はフェンスに囲まれている。

(2020年9月訪問)

屋根 切妻型
半鐘 なし
見張台 □型
□型

全景 見張台 屋根 見張台高欄 踊り場 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next