火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 静岡 > 浜松市 > 浜松市消防団浜松第一分団

浜松市消防団浜松第一分団

火の見櫓

 浜松市の市街地中心部、国道152号と257号の交差する連尺交差点の北東、ビルに囲まれた消防団詰所の敷地内に立つ櫓。周囲をビルに囲まれているため、眺望はほぼのぞめないものとみられる。
屋根はやや反りのついた四角形で、頂部には避雷針と屋根飾りが設けられている。半鐘は無く、サイレンが設置されている。
見張台は屋根からやや下方に位置しており、片側のみバルコニー状に張り出しており、ホース干し用の滑車と竿が設置されている。
脚は四本で、主材と水平材が等辺山形鋼製、斜材が平鋼製。各部の接合はリベットによる主材への直接締結。
梯子は二段で、上下段ともに桁内設置。中間には張り出しのない踊り場が設けられている。
基部はアーチ状の方杖が設けられているる。

(2020年9月訪問)

屋根 □型
半鐘 なし
見張台 □型
□型

全景 上層部 屋根 見張台 脚部 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next