火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 静岡 > 浜松市 > 上市場の火の見

上市場の火の見

火の見櫓

屋根 なし
半鐘 あり
見張台 なし
□型

 JR東海飯田線 上市場駅の東方、県道1号飯田富山佐久間線沿いに建つ櫓。櫓状に組まれているが実際には見張台はなく、頂部にはホース昇降用の滑車のみが設置されており、機能的にはホース乾燥塔といえる。
脚は四本でダブルワーレントラス構造となっており、主材、斜材ともに等辺山形鋼製。斜材は六角ボルトで主材に直接接合されている。
頂部には見張台が無く半鐘は下部に設置されているため、梯子は設けられていない。下部の斜材交差部分には銘板が設置されているが、ペンキが厚塗りされており、ほぼ判読できず、かろうじて「39 9」の刻字のみ識別できる。1964(昭和39)年9月建造の可能性が高い。

全景 頂部 脚部 半鐘 基部 銘板

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2021 HETIMA.NET All Right Reserved.