火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 静岡 > 浜松市 > 津々崎の火の見

津々崎の火の見

火の見櫓

天竜浜名湖鉄道 都築駅の西方約1.2kmほど、猪鼻湖に突き出た津ヶ崎の市道沿いに建つ火の見櫓。屋根はなく、半鐘も見られない。
見張台は四角形で、手摺が角型鋼管製、垂直材が丸鋼製。大きく突き出した梁にホース昇降用の滑車が設けられている。
脚は四本で、主材、水平材が等辺山形鋼製、斜材が平鋼製。各部の接合 はプレートにより、いずれの材も六角ボルトで締結されている。
梯子は一段で桁内設置。見張台の下一節目の部分に円弧上に切り欠きの入れられた床版が張られた踊り場が設けられている。また、中間と最下段の節では水平方向に◇型に補剛が入れられている。

(2022年2月訪問)

屋根 なし
半鐘 なし
見張台 □型
□型

全景 見張台 見張台高欄 脚部 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next