火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 静岡 > 浜松市 > 浜松市消防団三ケ日第一分団

Facebook Twitter  Pin it

浜松市消防団三ケ日第一分団

火の見櫓

天竜浜名湖鉄道 三ヶ日駅の北東500mほど、市道三叉路前にある消防団詰所の敷地内に建つ櫓。屋根は円錐形で、頂部には避雷針が設けられている。
見張台も円形となっており、高欄は鋼管製。手摺部分には放射状にホース干し用のL字型フックが設けられている。
脚は三本で、主材、水平材、斜材ともに鋼管製。中間部分には半鐘を吊るしていたと思われる小屋根がみられるが、現在半鐘は見られない。
梯子は一段で桁内設置となっている。

(2022年2月訪問)

屋根 ○型
半鐘 なし
見張台 ○型
△型

全景 屋根・半鐘 脚部 見張台高欄 脚部 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next