火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 静岡 > 浜松市 > 只木の火の見2

只木の火の見2

火の見櫓

東名高速道路 三ヶ日ジャンクションの東方約2.3kmほど、「只木の火の見1」から市道を北へ160mほど進んだ先の広場の一隅に建つ櫓。
見張台は円形で屋根は無く、高欄は主材、水平材、主要な垂直材、下部外縁が太目の鋼管製、補助的な垂直材が細い鋼管製。見張台両端に滑車を吊るす竿が設置されており、片方にのみ滑車が設けられている。
脚は一本で大型の鋼管製。梯子は一段で柱に沿って設けられている。二ヶ所にホースを吊るした際にホームを抑えるリング状の竿が渡されており、中間部の竿の所には半鐘が吊るされている。

(2022年2月訪問)

屋根 なし
半鐘 あり
見張台 ○型
柱型

全景 見張台 脚部・半鐘 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next