火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 長野 > 諏訪市 > 四賀神戸の火の見1

四賀神戸の火の見1

火の見櫓

屋根 □型
半鐘 あり
見張台 □型
□型

 国道20号の東側、JR中央本線を挟んで並行する旧甲州街道沿いにある地元専用の共同温泉浴場敷地内に建つ櫓。反り・照りのついた四角形の屋根は、避雷針と蕨手が設けられている。半鐘は屋根下中心直下に吊るされている他、下部の踊り場にも設けられている。見張台は四角形で、手摺部分と外枠、垂直材は等辺山形鋼製で、垂直材の間には補鋼としてリング状のバックルで締結された丸鋼が渡されている。
脚は四本で、主材、水平材は等辺山形鋼製、斜材は丸鋼をリング状のバックルで締結したものだが、見張台下部の一節のみは平鋼をX字状に組んでボルト締結したものが用いられている。各部の接合はプレートにより、主材同士はリベット、水平材、斜材はボルトを用いている。
梯子は二段で、上段が桁内、下段が桁外設置。踊り場は下段梯子の出入口部分のみアーチ状の造作が施されている。
基部はハの字型の斜材と脚の間にジグザグ状に補鋼が入っている。また、消防信号表が掲示されている。

全景 見張台 屋根 見張台欄干 踊り場 基部 消防信号表

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2017-2019 HETIMA.NET All Right Reserved.