火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 長野 > 諏訪市 > 四賀桑原の火の見2

四賀桑原の火の見2

火の見櫓

屋根 なし
半鐘 あり
見張台 なし
梯子型

 国道20号からJR中央本線を越えて東側に並行する旧甲州街道沿いに建つ火の見梯子。半鐘は頂部からやや下、上から二段目の足場横から張り出した竿に小屋根を掛けて吊るされている。
主材は鋼管、足場は丸鋼製で、上部より下部が広い八の字型になっている。通りに面した側から奧側へ向けてやや倒れこむように傾斜がついており、それをコの字型に組んだ主材と同じ鋼管と支柱で支えている。

全景 半鐘 支柱支点 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2017-2019 HETIMA.NET All Right Reserved.