火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 長野 > 茅野市 > 茅野市消防団金澤分団金澤部中央班屯所

茅野市消防団金澤分団金澤部中央班屯所

火の見櫓

屋根 □型
半鐘 あり
見張台 □型
□型

 国道20号沿い、金沢地区の中心部に建つ櫓。足下には「諏訪郡金沢村道路元標」も設置されていることから要衝に立地していることが分かる。四角屋根は頂部に先端がダイヤ型になった避雷針とS字型を組み合わせた屋根飾りが載せられている。隅には照りがついており、蕨手が設けられている。なお半鐘は、屋根裏中心部に吊るされている他、二段ある踊り場の下段にも設置されている。
見張台は隅切りされた四角形で、高欄は手摺と外縁が等辺山形鋼製、水平材と垂直材が鋼管製。二段ある水平材の間には円形の装飾が、水平材より下側にはS字型を線対称に配した装飾が施されている。
脚は四本で、主材、水平材が当へ名山形鋼製、斜材は丸鋼をリング式張力調整装置で締結したタイプ。各節の接合はプレートにより、主材とはリベットで、水平材は六角ボルト、斜材は六角ナットで締結されている。
梯子は三段で、上側二段が桁内設置、下段は直接地表に降りる梯子と、隣接する詰所の二階に直結する梯子の二つに分かれているのが特徴的。また、寒冷地で冬季凍結による滑落の危険があるからか、梯子の手摺と足場は荒縄が巻かれている。
上段の踊り場は、高欄がごくわずかに張り出し装飾のないシンプルなもの。下段の踊り場は、基本的には上段同様高欄がわずかに張り出したデザインだが、地表に降りる梯子の部分だけが大きく張り出しており、中段の梯子から下段の梯子へ通じる面にはアーチ状の造作がなされている。
基部は二面がアーチ状の斜材、残り二面がハの字型の斜材を用いている。
櫓中央の地表には、「鉄塔供出記念」「鐵塔寄贈者 野口喜親*」(*喜の字は七が三つの異字)と記された石碑が建てられている。

全景 見張台 屋根 見張台高欄 踊り場 基部 寄贈者碑

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2019 HETIMA.NET All Right Reserved.