火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 長野 > 茅野市 > 茅野市消防団金澤分団大沢部

茅野市消防団金澤分団大沢部

火の見櫓

屋根 6角型
半鐘 あり
見張台 ○型
□型

 JR東日本 中央本線青柳駅西部のやや高台に位置する大沢地区の中心部に建つ櫓。浅めで大きな反りのついた屋根は六角形で、頂部には避雷針と風向計、S字型の装飾が施されている他、隅棟には太めでカールのきつい蕨手が設けられている。半鐘は屋根裏中心に吊るされている他、踊り場にも設置されている。
見張台は円形で、高欄は手摺と下部外縁が等辺山形鋼製、垂直材が鋼管、水平材が平鋼製。二本の水平材の間には円形の装飾が、水平材より下の部分にはS字型を線対称に配した装飾がなされている。手摺部にはホース昇降用の滑車やホース干し用のL字フックが取り付けられている。
脚は四本で、主材と水平材が等辺山形鋼製、斜材は丸鋼をリング状のバックルで締結したもの。各部位の接合にはプレートを用いており、主材とはリベットで、水平材、斜材とは六角ナットで締結されている。
基部は器具庫と一体化しており、木造の建屋の上に櫓が載っているようにみえるが、下部構造は建屋内に隠れているため不明。梯子は三段で、上二段が桁内、下一段が桁外設置。上段の踊り場は張り出しのないタイプで、高欄も装飾のないシンプルなもの。なお、上段踊り場に設けられた半鐘を吊るす金具は唐草状に装飾がなされている。
下段の踊り場は足場のみの簡易なもので、最下段の梯子は下の器具庫を避けるように屈曲しているのが特徴的。

全景 見張台 屋根 見張台高欄 踊り場 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2019 HETIMA.NET All Right Reserved.