火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 岩手 > 北上市 > 北上市消防団第九分団第一部屯所

北上市消防団第九分団第一部屯所

火の見櫓

屋根 なし
半鐘 あり
見張台 □型
□型

 北上市の南部、旧奥州街道の県道254号沿いにある消防団屯所の裏手に建つ櫓。見張台に屋根はなく、半鐘を吊るす鋼管製の支柱が立てられているが、装飾的な要素は見られない。
見張台は四角形で、高欄は手摺、四隅の垂直材が鋼管製、下部外縁が等辺山形鋼、垂直材が丸鋼製。床板はエキスパンドメタルを用いている。手摺から外側へ向けて、手摺と同じ素材でホース干し用の竿が渡されている。梯子の出入口は半円状に柵が設置けられている。
脚は四本で、主材、水平材が等辺山形鋼製、斜材は丸鋼をリング式張力調整装置で締結したもの。リングは変形を防ぐためか丸板で塞がれており、丸鋼が突き刺さる四箇所は張力調整用のボルトを締めやすくするために穿孔されているのが特徴的。各部の接合はプレートにより、主材、水平材とし溶接で、斜材とは丸頭ボルトで締結されている。
 梯子は一段で桁外設置。基部はΛ型の斜材が入れられており、基礎は脚部のみ地面からやや嵩上げられた逆T字型。脚は基礎とアンカーボルトで結合されたベースプレートに固定されている。

全景 見張台 脚部 見張台欄干 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2019 HETIMA.NET All Right Reserved.