火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 岐阜 > 多治見市 > 多治見市消防本部 多治見笠原消防署2

多治見市消防本部 多治見笠原消防署2

火の見櫓

屋根 なし
半鐘 なし
見張台 ○型
□型

多治見市笠原町の中心部、モザイクタイルミュージアムに隣接する多治見笠原消防署の敷地内に建つ櫓。すぐ傍らに昔ながらの火の見櫓(多治見市消防本部 多治見笠原消防署1)があるが、こちらは規模が大きく、火の見櫓というよりはホース乾燥が主用途とみられる。見張台は円形で屋根は無く、上部にはH鋼を円状にした桁が渡されている。高欄は手摺部が太い鋼管、垂直材が細鋼管製。
脚は四本で、主材、水平材ともに鋼管製で、斜材は設けられていない。各部の接合は溶接による。
梯子は三段でいずれも桁内設置。踊り場は張り出しがなく、高欄のデザインは見張台と同様。

(2021年5月15日訪問)

全景 見張台 屋根 見張台高欄 脚部 基部


Prev | 目次 | PageTop
Copyright© 2021 HETIMA.NET All Right Reserved.