火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 岐阜 > 多治見市 > 多治見市消防本部 多治見笠原消防署1

多治見市消防本部 多治見笠原消防署1

火の見櫓

屋根 □型
半鐘 なし
見張台 □型
□型

多治見市笠原町の中心部、モザイクタイルミュージアムに隣接する多治見笠原消防署の敷地内に建つ櫓。非常に低く、元々構想の櫓だったものの上部のみが残されている換羽性もうかがえる。屋根は浅めの四角形で、頂部には渦巻状の装飾のある避雷針が設けられている。半鐘は未設置。
見張台は四角形で、高欄は手摺と外縁部が等辺山形鋼製、垂直材が丸鋼製。床版は平鋼を簀の子状に並べたもの。
脚は四本で、主材、水平材が等辺山形鋼製、斜材は平鋼をX字状に組み交点を丸頭ボルトで締結している。各部は水平材、斜材ともに主材に直接結合されている。
梯子は一段で桁内設置。基部はコンクリートに節の1/3程度がそのまま埋設されている。

(2021年5月15日訪問)

全景 見張台 屋根 見張台高欄 脚部 基部


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2021 HETIMA.NET All Right Reserved.