火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 岐阜 > 多治見市 > 多治見市消防団池田南分団三の倉隊

多治見市消防団池田南分団三の倉隊

火の見櫓

屋根 6角型
半鐘 あり
見張台 6角型
△型

JR東海 中央本線古虎渓駅前の県道123号を国道19号方面へ北上し、中洞地区への市道を入った先、三之倉神社前にある消防団詰所敷地内に建つ櫓。屋根は非常に浅い六角形で、装飾的な要素は見られない。半鐘は屋根裏中心部に吊るされている。
見張台は六角形で、高欄は手摺と外縁部が鋼管製、垂直材が丸鋼製。手摺にはホース干し用のL字フックが設置されている。
脚は三本で、主材、水平材が等辺山形鋼製、斜材が丸鋼をリング状のバックルで締結したもの。各部の接合はプレートにより、主材、水平材とは溶接で、斜材とは六角ナットでそれぞれ結合されている。
梯子は一段で桁外設置。基部は櫓本体がジョイントを用いて六角ボルトで締結されており、更に斜材がコンクリート基礎に埋設されている。

(2021年5月15日訪問)

全景 見張台 屋根 見張台高欄 脚部 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2021 HETIMA.NET All Right Reserved.