火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 岐阜 >多治見市 > 多治見市消防団小泉分団

多治見市消防団小泉分団

火の見櫓

屋根 □型
半鐘 なし
見張台 □型
□型

 JR東海 太多線小泉駅の南側、変則的な市道四叉路の一角に建つ櫓。屋根は浅めの四角形で、頂部には先端に装飾が施された避雷針と、やはり同様に矢先に装飾が施され、矢尻が二股に分かれた風向計が設けられている。また、櫓に併設されているホース昇降塔にも四角屋根が掛けられている。
 見張台は角にRのついた四角形で、高欄は、手摺と下部外縁が等辺山形鋼製、垂直材が丸鋼製。半鐘は見られないが、屋根裏中心にはかつて半鐘を吊るしていたと思われる金具が残存している。また床面にはサイレンが置かれている。
脚は四本で、主材と水平材が等辺山形鋼製、斜材が丸鋼をリング式張力調整装置で締結したもの。格節の接合はプレートにより、主材と水平材はボルト締結、斜材はプレートを穿孔し、丸鋼を外側から挿入して折り込んだ形状。
梯子は二段で桁内設置。中間にはごくわずかな足場の踊り場があり、わずかに桁外へ張り出した高欄が設けられている。
基部は、梯子出入口部分のみ、垂直材が門柱のように二本設けられている。

全景 見張台 屋根 見張台高欄 脚部 踊り場 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2018 HETIMA.NET All Right Reserved.