火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 青森 > 南部町 > 高岩の火の見

高岩の火の見

火の見櫓

屋根 □型
半鐘 なし
見張台 ○型
□型

 青い森鉄道八戸駅から盛岡方面へ一駅、東北新幹線と交差する地点にある北高岩駅前に建つ櫓。屋根は四角形で、全体的に非常に浅いが中央部だけが急に反り上がっている。避雷針や風向計、蕨手といった装飾的な要素は見られない。半鐘はなく、屋根裏には張りから駕籠状に造作された台座にサイレンが設置されている。
見張台は円形で、高欄は手摺部と下部外縁が等辺山形鋼製、垂直材と床版は丸鋼製。手摺部にはホース干し用のL字フックが外側へ向けて棘のように張り出している。
脚は四本で、主材、水平材は等辺山形鋼製、斜材は丸鋼をリング式張力調整装置で結合したもの。各部の接合はプレートにより、いずれも溶接されている。
梯子は一段で桁外設置。基部は裾が大きく広がっており、ハの字型に斜材が設けられており、斜上方、垂直方向にトラス状に補剛が入れられている。基礎は逆T字型になっており、脚はアンカーボルトで接合されたベースプレートに固定されている。
半鐘は設けられていないが、サイレンが設置されていることからか、一般的な打鐘パターンを示した消防信号表ではなく、「サイレン信号表」が掲示されている。

見張台 屋根 見張台高欄 脚部 基部 サイレン信号表


目次 | PageTop | Next
Copyright© 2018 HETIMA.NET All Right Reserved.