火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 青森 > むつ市 > 宇田町の火の見

宇田町の火の見

火の見櫓

屋根 なし
半鐘 なし
見張台 □型
□型

 海上自衛隊大湊基地の北東部、宇田町の市道沿いに建つ櫓。見張台に屋根はないが、中心部に柱が四本建てられており、かつては屋根が掛けられていた可能性もあると見られる。
 見張台は四角形で、高欄は手摺と垂直材が等辺山形鋼製、水平材が平鋼製。水平材より下の部分は等辺山形鋼の垂直材の間に補助的に平鋼製の垂直材が入れられている。床面は平鋼を簀状に敷いたスタイル。手摺部分には海側を除く三方向に向けてスピーカーが設置されている。
脚は四本で、主材、水平材、斜材ともに等辺山形鋼製。各部の接合はプレートと直付けの併用で、いずれもリベットによる。斜材、水平材の入れ方は節により異なっており、更にX字状に組まれた斜材の交点から下方垂直方向へ補助の垂直材がいれられていたり、水平材に水平方向に補剛が入れられていたり、斜材の交点へ向けた水平材がやや山型(Λ)の方向を向いていたりと、法則性が見られない。
基部はコンクリート基礎が地表からかなり高いところまで盛られており、脚の根本部分が基礎に埋設された状態になっている。盛り高がありすぎるためか、梯子部分は基礎を切り欠いて梯子の最下部が地表に近くなるように造作されている。

全景 見張台 踊り場 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop
Copyright© 2018 HETIMA.NET All Right Reserved.