火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 青森 > むつ市 > 大湊消防署

大湊消防署

火の見櫓

屋根 ○型
半鐘 なし
見張台 ○型
□型

 JR東日本 大湊線の終点大湊駅より駅前の国道338号をさらに西へ進み、海に程近い市道沿いにある大湊消防署の裏手に建つ櫓。屋根は円形で、頂部には特に避雷針や屋根飾り等は設けられていない。軒下からせり出すように、現代的なプロペラのついた風向計が設置されている。半鐘はは無く、屋根下のスペースにはサイレンと六方へ向けてスピーカーが設置されている。
 見張台の高欄は、垂直材は屋根の支柱を兼ねた等辺山形鋼製のものと、平鋼製が交互に配されており、平鋼のものは基部にねじりが加えられている。手摺部は平鋼製、水平材は丸鋼製。下部外縁にはホース干し用のL字フックがウニの棘のように張り出している。
脚は四本で、主材、水平材が等辺山形鋼製、斜材は丸鋼製をリング式張力調整装置で締結したタイプ。各節の接合はプレートにより、垂直材はリベットで、水平材、斜材は六角ボルトで締結されている。裾へ行くほど広がりが大きくなっている。
梯子は二段で桁内設置。中間には張り出しの無い足場のみの踊り場が設けられている。
基部はコンクリート基礎にベースプレートとアンカーボルトで固定されている。

全景 見張台 見張台高欄 脚部 踊り場 基部

ストリートビュー


目次 | PageTop | Next
Copyright© 2018 HETIMA.NET All Right Reserved.