火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 青森 > 平内町 > 口広分団機械器具置場

口広分団機械器具置場

火の見櫓

屋根 なし
半鐘 なし
見張台 □型
□型

 国道4号沿いの口広地区、奥州街道の旧道と国道の合流地点に建つ櫓。見張台は四角形で屋根は無く、上端部四方に渡された梁にはホース干し用のフックとテレビアンテナが設置されている他、頭頂中心部にはコの字形のステー二本によって支えられたサイレンを頂く。
 見張台の高欄は、手摺と垂直材、下部外縁が等辺山形鋼製、水平材は平鋼製。見張台の各角はプレートを用いて、それ以外の高欄などは部材に直接、六角ボルトで接合されている。
脚は四本で、全ての部材が等辺山形鋼製。斜材はX字状になっており、各節の水平方向には補助材が渡されている。接合はいずれも部材を直接六角ボルトで締結している。
梯子は一段で桁外設置。全体にわたって円形の転落防止柵が設けられている。基礎はアンカーボルトとベースプレートによって固定されている。
隣接する詰所壁面に、錆びて判読困難になっているが、消防信号表が掲示されている。

全景 見張台 見張台高欄 脚部 基部 消防信号表

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop
Copyright© 2018 HETIMA.NET All Right Reserved.