火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 青森 > 平内町 > 清水川分団機械器具置場

清水川分団機械器具置場

火の見櫓

屋根 なし
半鐘 なし
見張台 □型
□型

 国道4号沿い、青い森鉄道清水川駅の北西すぐ傍に建つ櫓。見張台は四角形で屋根は無く、上端部は四方に渡された梁の上に、サイレンと六方向へ向けてスピーカーが設置されている。梁にはホース干し用のフックが取り付けられている。見張台の各角はプレートに六角ボルトで接合されている。
 見張台の高欄は、手摺、垂直材、下部外縁が等辺山形鋼製、水平材が平鋼製。床版はエキスパンドメタル製。
脚は四本で、部材は全て等辺山形鋼製。斜材はX字状に組まれている。各部の接合は、主材と水平材・斜材、斜材の交点のいずれも直接部材に六角ボルトを用いて行われている。各節の四隅には、水平方向に補助材が入れられている。
梯子は一段で桁外設置。ほぼ全体を円形の転落防止柵によって防護されている。基礎はアンカーボルトとベースプレートによって固定されている。

全景 見張台 見張台高欄 脚部 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2018 HETIMA.NET All Right Reserved.